麗ちゃんの20代メイクと美肌の秘密

「プチセブン」の専属モデルからモデル人生が始まった麗ちゃんも、今では35歳。メイク方法も時代ごとに変化しています。10代の頃プチセブンの麗ちゃんは、ギャルではないですけど時代は細眉がぶーむだったので、もちろん細眉でした。そしてアイラインもしっかりとはいっているメイクです。

そして2000年代に入ると、デカ目がブームになります。もちろんデカ目を強調するメイクが主流なので麗ちゃんももちろんデカ目でした。なんでもこの頃ののメイクを思い出すと、アイメークを落とすコットンが真っ黒になっていたとか。マスカラたっぷりつけて、アイラインで目元をしっかりとするメイクなのでそれはコットンも真っ黒になりますよね。

そしてAneCan専属モデルになった頃のメイクは?!といえば、ファンデーションもしっかりとクリームファンデーションで作り上げるのが流行していた頃です。20代の頃は「足し算メイク」ファンデーションはしっかりとつけて、つけまつげの上からさらにマスカラをプラスするまさに「足し算メイク」主流ですが、今はナチュラルが基本なので麗ちゃんは撮影現場で、肌の状態や体調のコンディションがベストになるように、身体作りも気をつけているそうです。

モデルプロデュースのブランド

麗ちゃんの美肌の秘密が知りたい

今の麗ちゃんはお肌の質感もとって艶っとしていて、とってもナチュラルメイクです。どーんな化粧品を使っているのでしょうかね?!もちろんクレンジングに関しては、CMにも出演しているものを使っているはずと思いたい!笑

基礎化粧品で愛用しているのは「オラクル」のようです。洗顔後にお顔全顔に塗って10分ぐらい経ってからぬるま湯で洗い流すだけで、古い角質も落としてお肌をリセットしてくれるとか?!化粧水は「ハトムギ美容効果」を利用している化粧水と、ホホバオイルとシロキクラゲで作られている100パーセント自然素材のミストタイプ化粧水とか。このあたりを使い分けているようですね。そしてもちろんモデルという職業からでしょうか、スチーマーも使って・・と常にベストコンディションでいるために、いろいろなものをつかわれていますね。

麗ちゃんのお肌はとても敏感肌でそして乾燥しやすいお肌ということで、麗ちゃんが使っている化粧品はオーガニックやノンアルコール製品の化粧品が多くなっているのが印象的です。

もちろんネイルケアにも気配りしているので、爪の乾燥を防いでかつネイルの定着もよくなるという椿ネイルオイルを常に持ち歩いて、爪のケアも入念にしているからこそ、指先までもが綺麗なんですね~

そして敏感肌には紫外線を防ぐこともとっても大事です。紫外線を防ぐために麗ちゃんがつかっているのは、ロクシタンのUVカットとdプログラムのスムージングサンブロックです。dプログラムのスムージングサンブロックは、化学薬品を一切使っていないので敏感肌でも安心して使えるのが嬉しいサンブロックですね。そしてロクシタンも安心のブランドですし、さすが麗ちゃんらしいチョイスだと思います。

敏感肌の麗ちゃんは、スキンケア製品をお試しするときには必ず仕事がお休みの前日に、パッチテストをするようです。パッチテストをして私の肌には大丈夫。という確信を得てから、スキンケア製品をつかっているとか。敏感肌の場合、一度トラブルがおきると大変ですしモデルさんという仕事柄やっぱり肌は常にベストな状態でいないといけないので、いろいろなご苦労をされていますね。

ファンデーションは、麗ちゃんのお友達でもあるヘアーメイクアップアーティストの柴田洋一郎さんプロデュースのファンデーションですよ。植物エキス配合で潤いがファンデーションをしていても感じるファンデーションで、このファンデーションはお肌がとっても綺麗に仕上がるとかで麗ちゃん愛用の品物です。

大人の魅力出しまくり

京てまりのレンタル着物なら「ほんまもん」を着ることができます。当店の着物や京都 卒業式 袴レンタルは全て一点もの。一つ一つ心を込めて買い付けた上品で粋なアンティーク着物、ブランド着物、作家ものとなっております。