パリで麗ちゃんが買ったブランドはDior

本当に大きなお世話ですが、麗ちゃん好きなので麗ちゃんがどんなブランドがすきなのかとっても気になってしまいます。私服コーデでサンローランが登場したり、バレンシアガが登場したりしていますがパリのときにはDiorも出ていました。中身は残念ながら・・・でしたが、Diorであることは間違いないです。そしてリ両国国技館で行われたDiorのメンズ初のコレクションにも麗ちゃんは観にいっています。

モデルプロデュースのブランド

新しい生活のスタートを切る時には、物件探しが肝心です!不動産を選ぶときには、ぜひ私ども長野市 不動産にお問い合わせください 。もちろん不動の売買にも精通しておりますので、ご面倒なお手続きなどはすべて私たちにお任せください!当社までご連絡お待ちしております 。賃貸物件に分譲物件、掲載以外の物件も多数ご紹介できますので、どうぞお気軽にお電話ください 。豊富なお取引で長野市の皆さまに愛されてきた長野市 賃貸です。

もちろんフランスが本拠地

創業者はご存知クリスチャン・ディオールですが、今では企業としてLVMHグループに所属しています。とにかく商品展開が幅広くなっていますよね。ディオールのバッグを持つ姿を思い浮かぶのは、故ダイアナ妃。名前も「レディ・ダイアナ」ってなってしまうほど、とってもインパクトが強く残っています。

当初ディオールから発売された時は「カナージュ キュイール」という名前でしたが、ディオールの上顧客シラク大統領夫人がダイアナ妃にプレゼントしたのがこの「カナージュ キュイール」のブラックです。ダイアナ妃はプレゼントされたこのバッグがすっごく気にいったようで、すぐにパリのディール本店を訪れます。そして店内に置いてあった「カナージュ キュイール」の全ての色を購入したとか!

そして外国を訪問するときに、ダイアナ妃はこのバッグをいつも愛用していたのでマスコミの前に登場しているダイアナ妃のバッグには、「カナージュ キュイール」がありました。それでついにそのバッグは「レディ・ダイアナ」と呼ばれるようになって、「カナージュ キュイール」が「レディ・ダイアナ」と名前も変わったんですね~ ロゴチャームも可愛いし、エレガントでいて機能的そしていつまでも使えるという点でも麗ちゃん好み?!かな。

大人の魅力出しまくり

マイホーム購入専門店 である当社が自信を持っておすすめする物件です!柏 不動産新築やリフォーム済み、価格が良心的なものなどなど、早く予約しないとすぐに契約が入ってしまうものばかり!

ディオール社のデザイナーたちと沿革

  • 1946年(昭和21年)・・・クリスチャン・ディオールが創業しました。
  • 1957年(昭和32年)・・・創業者でもありデザイナーのクリスチャン・ディオールが心臓発作でイタリアで急死したことを受けて、なんと21歳という若さでイヴ・サンローランがディオール社の主任デザイナーに大抜擢されました。そしてサンローランは「トラペーズライン」という台形のラインを発表したのもこの年です。
  • 1960年(昭和35年)・・・主任デザイナーのサンローランが徴兵で兵役に就くことになったので、主任デザイナーになったのはマルク・ボアンです。サンローランはこれを機にディオールを去っています。
  • 1961年(昭和35年)・・・「スリムルック」を発表しました。
  • 1967年(昭和42年)・・・「サファリルック」が発表され、このサファリルックはファッション界を席巻しました。
  • 1968年(昭和43年)・・・香水部門のパルファン・クリスチャン・ディオールが、現LVMHで前身のモエ・へネシー社に買収されました。
  • 1970年(昭和45年)・・・「マキシルック」の発表で、マキシスカートが日本でも大流行しています。
  • 1978年(昭和53年)・・・ディオール社の親会社マルセル・ブサック・グループが倒産します。ご安心ください。流通大手に救済されたのでディオール社はアガッシュ=ウィログループに入りました。
  • 1984年(昭和59年)・・・ 大富豪のベルナール・アルノーが、フランス投資銀行「ラザール・フレール」と組んで、マルセル・ブサック・グループを買収します。
  • 1989年(平成元年)・・・ディオールの主任デザイナーに、イタリア人ファッションデザイナーのジャンフランコ・フェレが就任しました。
  • 1990年(平成2年)・・・大富豪ベルナール・アルノーが再び登場します。ターミーネーターの異名そのままに、買収で「LVMH社」の社長に就任しました。
  • 1996年(平成8年)・・・ディオール社の主任デザイナー、 ジャンフランコ・フェレと契約期間が満了しました。そして次に主任デザイナーになったのは、イギリス人デザイナーのジョン・ガリアーノです。
  • 1999年(平成11年)・・・ディオールのハイジュエリー部門のデザイナーに、ヴィクトワール・ド・カステラーヌが就任しました。
  • 2001年(平成13年)・・・ディオール・オムの主任デザイナーにフランス人デザイナーのエディ・スリマンが就任しました。
  • 2007年(平成19年)・・・パリ・メンズコレクションを最後に「ディオール・オム」のエディ・スリマンが辞任して、その後任に就いたのはスリマンの元アシスタントのクリス・ヴァン・アッシュです。
  • 2011年(平成23年)・・・人種差別発言とナチ賛美発言で、主任デザイナーのガリアーノを解雇しました。そのためガリアーノの解雇でレディース商品のデザインはデザインチームが行ないました。
  • 2012年(平成24年)・・・ガリアーノの解雇で主任デザイナー席が空席でしたが、ラフ・シモンズが就任となりました。